希望の党、ベーシックインカムを公約

希望の党が今回の衆院選で

ベーシックインカムを公約にしました。

headlines.yahoo.co.jp

 

ベーシックインカムって何?

 

ベーシックインカムですが、

直訳すれば

ベーシック(基本的な)インカム(収入)ということで

基本収入という訳になるのでしょうか。

つまり、だれでも一定の収入が得られる社会の仕組みのことです。

 

どういうことかというと

赤ちゃんやお年寄り、大金を稼いでいるお金持ち、

それから働いているサラリーマンや働いていないニートや主婦、学生など、

すべての国民一人ひとりに国が数万円を毎月支給するという仕組みです。

 

ただ、支給する代わりに、年金や生活保護といった制度が廃止になります。

 

つまり、

今までご老人であったり、生活保護であったりと

限られた人にしか国からお金が支給されないのを

もう平等にみんなにお金配っちゃおうぜという仕組みですね。

 

ベーシックインカムのメリット・デメリットは?

このベーシックインカム、

一見するとみんながお金がもらえるという仕組みなので

いいように聞こえるのですが

どういうメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

ベーシックインカムのメリット

 

ベーシックインカムのメリットは

誰でも平等に生活に最低限のお金がもらえるということです。

 

つまり、

生活ができないから働くということがなくなるので

労働に関しての自由度が生まれます。

また、生活のためにというのがなくなるので

「すごい労働だけど生活のために仕方なく」という

ブラック企業もどんどんなくなっていくでしょう。

 

また、労働に自由度が出るということは

勤務時間も自由になるので

自分のプライベートの時間が増えるというメリットもありそうですよね。

 

あと、

働けるのに働かず生活保護を受けている人などがいて

必要な人にお金が回っていないのが現状なので

そういう不平等感もなくなるでしょう。

ベーシックインカムのデメリット

 逆にベーシックインカムのデメリットですが、

まずは財源ですよね。

「みんなにお金を分配するっていっても

 そのお金、どこから出すの?」ってことです。

 

 あと、もう1つデメリットとしてあげられるのが

労働意欲がなくなるということですね。

 

だって働かなくても生活できる状況で

働きたい人なんてごく稀でしょうから

「生活できるなら働かない」という人も増えそうですよね。

 

そうなるともう1つのデメリット

「国際競争力がなくなる」という問題が出てきます。

 

みんなが働かないと

生産能力もなくなりますし、

新しいものも生まれてきませんから

みんなが一生懸命働いている他国に比べたら

どんどんレベルというのが落ちていきそうですよね。

 

 

ベーシックインカムの財源は?

 さっきのデメリットであげた

ベーシックインカムの財源ですが

希望の党はどこを財源に考えているのでしょうか?

 

ベーシックインカムを導入している国は

消費税などをアップつまり増税してそれを財源に充てているようなのですが

今回、希望の党は公約で増税凍結を掲げているんですよね。

つまり、増税を財源には使えない。

 

そうなると考えられるのは、

今回、希望の党が公約に掲げている、

企業の内部留保に対しての課税ですね。

企業の内部留保に対する課税とは?

 企業の内部留保とは

「内部」に「留保」している金額、

わかりやすくいうと企業の貯金ですよね。

 

この企業の貯金の総額が現在、

過去最高になっているのが現状です。

www.sankei.com

 貯金が増えていく、

これ一見するといいように思えますが

経済活動から見るとマイナスなんですよね。

 

本来、設備投資など

外部へ流れるはずのお金が内部に止まっているわけですから。

一番お金を使ってくれるはずの企業の消費が低迷していることを意味します。

 

で、この企業の消費を増やすために

もっというと企業の貯金を減らすために

企業の貯金に対して税金をかけるよ〜というのが

企業の内部留保に関する課税です。

 

で、上記の記事にもあるように

現状、内部留保の合計が377兆8689億円ですから

1%の課税学でも3兆円の財源が確保できますよね。

 

おそらく希望の党は

これを財源にするのではないかと思われます。

 

これに関して、現財務大臣の麻生さんは反対しています。

headlines.yahoo.co.jp

海外ではどこの国がベーシックインカムを導入しているの?

このベーシックインカムですが、

海外で導入している国はあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、

本格的に導入している国は現状ないそうです。

 

ただ、

フィンランドで試験的な導入がされているしているとのことです。

(給付額は月額800ユーロ(日本円で約10万6400円) 程度。)

 

また一部の州や地域で導入しているところもあるようです。

(オランダのユトレヒト、カリフォルニアのオークランドなど)

 

このベーシックインカム、

今後日本ではどうなっていくのでしょうか?

 

希望の党の当選状況も含めて注目したいところですね。

 

 

以上、今日は希望の党が公約に掲げた

ベーシックインカムについて説明しました。