柏市民だけが知っているパンザマストって何?

 

あなたはパンザマストって言葉を知っていますか?

 

多くの人はパンザマストという言葉は

多分聞いたこともないことでしょう。

(安心してください、

 私もパンザマストなんていう言葉は今日まで知りませんでした。)

 

この多くの人が知らないパンザマストという言葉

実は千葉県柏市では当たり前になっている言葉なのです。

 

ということで今日は

柏市民だけが知っているパンザマストという言葉について

語っていきます。

 

<h2>柏市民だけが知っているパンザマストとは?</h2>

 

このパンザマストですが

実は柏市で夕方に流れる

夕焼け小焼けの放送のことをパンザマストというらしいです。

 

ほら、

よく夕方になったら

地域に夕焼け小焼けのメロディが流れるじゃないですか、

あれですよ、あれ。

あれを柏市ではパンザマストというとのことです。

 

ちなみにパンザマストの正式名称は、
「防災行政無線の定時放送」という名前らしいですけど、

どうでもいいですよね 笑

 

<h2>パンザマストが流れる時間は?</h2>

このパンザマストが流れる時間ですが

柏市では時期によって流れる時間帯が以下のように異なるそうです。

 

4月1日~7月19日 午後5時30分
7月20日~9月1日 午後5時45分
9月2日~9月30日 午後5時05分
10月1日~10月31日 午後4時35分
11月1日~1月6日 午後4時05分
1月7日~2月2日 午後4時30分
2月3日~3月31日 午後5時05分

 

まぁ、共通して言えるのは

夕方、辺りが暗くなりそうな時間帯ということですね。

 

<h2>そもそもパンザマストってどういう意味?</h2>

このパンザマストですが防災無線の商品名だそうです。

昔、防災行政無線塔の柱に使われていたのが

日鐵住金建材株式会社の『パンザーマスト®』という商品なので、

そこから来たようです。

 

サランラップと同じように商品名が通称に変わった例なんですね。

 

 

<h2>どうして柏市ではパンザマストというの?</h2>

 

この理由、調べてみたのですが

「これ!」というしっかりとした理由が見つかりませんでした。

 

ただ、このパンザマストについて

市の職員にインタビューされた記事があったのですが

その記事によると

 「柏市で防災無線による夕方のチャイム放送が始まったのは昭和56年。夏休みの子どもの事故防止が目的でしたが、
好評につき同年11月から再開されて今に至ります。
無線塔設置当時の市の資料に『パンザマスト』の記載があるので、
その頃から呼ばれていたようですね」

地域の謎|千葉県|柏市|コラム|コラム|地域情報|チイコミ

ということです。

また柏市のwikipediaでは

柏市内の小・中学校で「パンザマストが鳴ったら帰宅」するよう指導するほか、市の広報でも以前は「パンザマスト(防災行政無線)」と記載していた。

柏市 - Wikipedia

ということで柏市内の小中学校では

当たり前のようにパンザマストという言葉が使われているようですね。

 

 

<h2>柏市以外でパンザマストという地域はないの?</h2>

 

Wikipediaによれば、

実は柏市以外にも

我孫子市の一部、大阪府松山市などの地域でも

夕方のチャイムをパンザマストと呼ぶらしいです。

 

なんか決まった地域だけ

パンザマストって呼ぶの面白いですね。

 

 

以上、今日は

柏市民だけが知っているパンザマストについて紹介しました。