豊田真由子氏、衆院選出馬せず?公式ホームページが削除

秘書への暴言問題で話題になり

一時、入院、

この前、謝罪の記者会見をした

豊田真由子氏がもしかしたら衆院選を出馬しないのではないかという

可能性が出てきました。

 

この前の謝罪会見では

出馬する意欲を見せていましたが

-議員辞職を考えているか

 豊田氏 議員を続けられるなら、地域、国、世界のためになる仕事をやらせていただきたい。それが償いになると思っている。

 -自民党が埼玉4区で公認候補を立てても出馬するか

 豊田氏 出馬するなら無所属。後援会には自民党の支持者もいるが、「5年間の頑張りは分かっている」「人で見る」と言ってくださっている。ひたむきに頑張っていくしかない。

 

www.nikkansports.com

 

 実は昨日、

 豊田真由子氏の公式ホームページが削除されました。

 

headlines.yahoo.co.jp

評論家の意見によると

豊田真由子はいまのところ立候補するといっているが、
最終的にはしないとみる。

資金的に余裕があるとも思えないし、
それ以上に、
配偶者が国土交通省の建築系技官で霞ヶ関の中堅幹部だから、
政権を困らせる形での強行立候補は考えにくい。

headlines.yahoo.co.jp

 

 というふうに出馬は考えにくいとそう答えています。

 

 ただ、

headlines.yahoo.co.jp

 上記の記事にもあるように

 解散後初の日曜日。朝霞駅前の祭り会場に、白いパンツスーツ姿の豊田氏の姿があった。おわびを繰り返すが、子ども連れの女性や年配の女性らを中心に「頑張って」と声も掛けられ、表情は先月20日の謝罪会見より数段、明るい。

先月24日に埼玉4区内の新聞朝刊折り込みで「おわび」ビラを配布。同23日から連日、4市の駅頭で頭を下げて配ったビラは数万枚に達したとみられる。ビラの表紙こそ「おわび」だが、中には2期4年10カ月の実績がびっしり。裏面では「安心・希望の活力ある国づくりに、引き続き、全力で取り組んでまいります」と決意表明している。

 

  と、出馬の意欲は満々のような形に見えます。

 

  さて、豊田真由子氏、

  最終的には出馬するのでしょうか?

  それとも出馬は辞退するのでしょうか?

 

  今後の豊田真由子氏の衆院選の出馬動向が気になるところです。