JAL、バードストライクで緊急着陸

本日、JAL(日本航空機)で

エンジンからの出火があり緊急着陸する事例が発生しました。

5日午前11時ごろ、東京・羽田空港のC滑走路から

離陸したニューヨーク行き

日本航空(JAL)006便(ボーイング777)の

左翼エンジンから出火。

同機が羽田空港の管制に緊急事態を宣言した。

headlines.yahoo.co.jp

JALではこの原因をバードストライクと見ています。

JALの説明では、同機には両翼に1基ずつエンジンがあり、

離陸中に左エンジンから炎が上がっているのを管制官が確認した。

鳥がエンジンに巻き込まれる

「バードストライク」の可能性が高いとみている。

<日航機>エンジンから火、緊急着陸 バードストライクか (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

バードストライクって一体何?

バードストライクとは下記の説明の通り

鳥などの動物が機体に巻き込まれる事案です。

【バードストライク】(ばーどすとらいく)

Birdstrike.


鳥が衝突した事が原因で発生する事故のこと。

こびりついた死骸と血痕で視界が遮られたり、
窓や機械部品が破損する事が二次被害の原因となる。


バイクや自転車などでは人体に激突した事が原因で
操作を誤る恐れもある。

高速の航空機の場合は特に深刻で、
風防を損傷したりエンジン吸気口に衝突する(FOD)と
墜落に至る場合もある。

鳥は航空機から見て低空を選んで飛ぶ事が多く、
従って最も危険な魔の11分間にバードストライクが生じる事も多い。

また、空港は
河川や海の近く(つまり渡り鳥などの生息地)に
建設される事が多いため発生件数自体も非常に多い。

 

多くの空港はバードストライク防止のために
猟銃での射殺・威嚇などを行っているが、
環境保全や保安上の問題などの理由から
完全な対策は行えないのが実情である。

 

 ということです。
 下記の動画に実際のバードストライクの時が映されています。

バードストライクになる確率はどれくらい?

それでは、このバードストライク、

どれくらいの確率でなるものなのでしょうか?

 

Yahoo知恵袋によると

確率、何便飛んだら何件発生するかは知りませんが、
ANAやJALなどの機長報告では毎月に2~3件は
バードストライクの報告が有ります。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ということで毎月2~3件ということですね。

 

JALによると毎月の便数が

国内・国際合計

30,813便

ということですから

だいたい1.5〜2万件に1件発生するということですね。

なので

バードストライクが起こる可能性としては

0.005〜0.007%くらいという確率ですね。

 

で、上記のバードストライクには
鳥が窓にぶつかったり、エンジンにぶつかったりと
色々な場合があり、
問題になってくるのは
今回のように鳥がエンジンに衝突した場合です。

 

以前、TBSのサンデーモーニングにやっていたのですが
両方のエンジンに鳥が入る確率は100万分の1とのことです。

なので、滅多に起こらないこととはいえ
何かあった場合に怖いので起こって欲しくないところですね。

バードストライクで墜落した事例はあるの?

バードストライクで墜落した事例があるかどうかを調べて見ましたが
旅客機での墜落事例はわかりませんでした。


※一応現状の旅客機では
鳥の吸い込みも想定して航空機のエンジンが設計されており、
ジェットエンジンは4ポンド(1.8kg)の重さの鳥を吸い込んでも、
必要推力が確保される強度があるようになっているようです。

 

なので、基本はバードストライクが起こったからといって

すぐさま墜落するということではないようです。



ただ、バードストライクによって
危ない事態になることはよくあるそうです。

有名なものとしては
映画にもなった「ハドソン川の奇跡」ですよね。

ハドソン川の奇跡とは?

2009年1月15日に起こったバードストライクによる実際の航空機事故

1:USエアウェイズ1549便が離陸直後にカナダガン(平均体重約4キロの鳥)の群れにぶつかり、エンジンにも鳥を吸い込み、低高度による両エンジン停止と言う最悪の事態に陥る。

2:機長の判断で、ハドソン川への着陸を決意。

3:副機長を含むクルーの冷静な対応で、不時着に成功。
乗員乗客155人の全員が助かったと言う奇跡の実話です

 

ですので、上にも書きましたが
バードストライクは起きないほうがいいに決まってますよね。

 

バードストライクの対策は

そこで、飛行機各社では
バードストライクに対しての対策をしっかりと行なっているのですが
それで十分な対策になっていないのが現状だそうです。


詳細は以下のリンクに書いていますが

http://www.mlit.go.jp/common/000112967.pdf


その対策の一部を紹介しておくと

木を撤去したり、逆に草を生やしたり、
音や実弾で鳥を脅したりと
色々な対策をしていますが、あまり効果が出てないのが実態です。

 

f:id:murakamiinfo:20170905142000j:plain上記が2013〜2015の間のバードストライクの件数ですが

(2013:青、2014:緑、2015:赤)

実際、大幅な変化はありませんよね。

 

 

これから2020年の東京オリンピックに向けて
どんどん日本に来る外国人の人数も増えて来るでしょうし

「日本に行ったけど
 バードストライクで飛行機墜落して
 帰らぬ人に」
というようなあってはならない悲劇が起こらないように
早急なバードストライクへの対策が必要ですよね。

 

以上、今日は

JALがバードストライクで緊急着陸したことを踏まえて
バードストライクについて色々調べて見ました。