【アホが調子乗りすぎ】石川県かほく市ママ課、独身税を要望

石川県かほく市のママたちで結成される

「かほく市ママ課」が

財務省に独身税を要望したそうです。

 

子育て中の女性でつくる「かほく市ママ課」と、財務省の阿久澤孝主計官(元石川県総務部長)の意見交換会は29日、かほく市役所で開かれた。ママ課メンバーは「独身税」の創設や医療費削減に関する思いを伝えた。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 記事読んだんですけど、

 正直、アホかとしか思わなかったですね。

 

 ママ課は市のプロジェクトの名称で、30~40代の女性7人が参加した。メンバーが「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と質問したのに対し、阿久澤氏は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と述べた。

 

 いやいや、自分勝手すぎでしょ。

 

 僕も結婚してますし、子供はいます。

 なので

 独身時代に自由にできていたことが制限されたり、

 自由に買えてたものがお金がなくて買えなかったりと

 そういうことは多々あります。

 

 でも、だからと言って

 それを独身に負担してほしいとは思わないです。

 

 明らかな自己中心的な考えでビビりました。

 

 何の義理があって

 独身者がお前ら既婚者の生活を保障しなかんねんと。

 

 こんなしょうもない考えをしてる人間が

 こういう政策会議のメンバーに入ってはいけないと思います。

 

 

 そもそも、

 こういうママたちによって作られる

 「ママ課」のコンセプトって

 ママならではの視点を市政に活用しようという考えだと思うんです。

 

 例えば、

 おむつを変える場所が少なすぎるとか

 ベビーカーを不自由なく押せるようにバリアフリーをもっと普及してほしいとか

 そういう「ママの視点から社会を良くしよう」というのが

 コンセプトだと思うんですよ。

 

 そんなところで、

 おんどれらのエゴを出すなよって

 正直思いますね。

 

 例えば、

「子育てをしてるとお金が足りないので学費免除措置が欲しい」とか

「オムツの購入補助が欲しい」とか

「市が率先して寺小屋のような無料教育の場を作って欲しい」

といったような建設的な意見を言う必要があると思うんですよね。

 

それが、

「私たち苦しいので独身の皆さん、負担してくださいよ」

じゃ、正直アホかと思いますよね。

 

そもそも、

誰からお金を徴収するかなんか

お前らが決めることではないしね。

 

自分らの意見が政策に反映されるからって

アホが調子乗りすぎじゃないか?

と正直思いますね。

 

 

例えば、

人口減少に歯止めをかけるために

国として

「独身税」や「無子孫税」を検討しよう

みたいなことを考えるならまだわかるんですよ。

 

人口を増やすことが社会のためになるので、

税金がある意味、プレッシャーになりますしね。

 

 

でも、そうじゃなくて

既婚者の分を独身者に負担してもらおう

と言うおんぶに抱っこな発想は

なんの提案でもない、ただの甘えや。

 

 

 

あと、

「生活ができない」とかならわかるんですよ、

でも

「生活レベルが下がる」って、生活できてるならいいやんけ、

何、子供が生まれてからも同じような生活をしようとしとんねん、

子供のために人生捧げろなんて思わないけど

せめて生活レベルが下がることくらいは許容しろよ、

ほんと、アホが調子乗りやがって。。。

 

 

本当、こんな発想しかできないんであれば

石川県かほく市ママ課なんて潰れればいいのに。

 

石川県かほく市ママ課の早急なメンバー刷新を希望しますね。

 

 

以上、

今日は

石川県かほく市ママ課が独身税を要望してると言う

ニュースを見て

アホが調子乗りすぎやなと怒ったので記事にしました 笑