【画期的】スマホが顕微鏡のレンズがわりになるミルキン

これは画期的だと思います。

 

スマホが顕微鏡のレンズがわりになるという

小型顕微鏡が開発されました。

 

今月中旬以降、埼玉、群馬両県で相次いだ腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒。飲食店や家庭での衛生管理が求められる中、スマートフォンで菌が確認できる小型顕微鏡「ミルキン(見る菌)」が注目を集めている。開発した前橋市の企業は、「食品加工会社などで、衛生管理の強化目的に使ってほしい」と期待を込める。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 そのミルキンの公式サイトがこちら。

 

       バクテリアセルフチェッカー mil-kin

 

まず、公式サイトからお借りしたミルキンの画像がこんな感じ。

菌はその場で見る時代 
菌未来 ®を創造する。

mil-kin
  絶賛発売中

Bacteria Self-checker mil-kin®

 

 上の図を見てもらったらわかるんですが

 顕微鏡となる白い台の上に

 スマホを置いてスマホを顕微鏡のレンズがわりに使う

 というものです。

 

 使い方としては

 1.サンプルとなる液体をとる

 2.そのサンプルを試料ステージに1滴垂らす

 3.見やすい大きさにスマホで拡大してスマホで見る

 

 という感じです。

 

 また、このミルキン、単3電池2本で動くというところも魅力の1つです。

 通常のAC電源ならコンセントの使える場所に使用が限られてきますからね。

 

 またミルキンの詳しい使用ですが

倍率:1,000倍
見えるサイズ:1μm以上
光源:LED
電源:単三型乾電池(2本)
寸法
min-kin本体:55mm × 113mm × 140mm
スマホスタンド含む:175mm × 113mm × 146mm
重さ:約450g(本体・スマホスタンド・乾電池)
標準付属品
ピペット(2本)、マイクロチューブ(2本)、綿棒(2本)、単三型アルカリ乾電池(2本)
推奨機種
iPhone 5、iPhone 5S、iPhone 6、iPhone 6S iPhone 6S Plus、iPhone 7

製品紹介 | mil-kin

 

 価格は税別9万9800円と

ちょっと個人には手が出にくい価格ではございますが

店舗とか研究所とかなら、全然購入できる価格でしょう。

 

まぁ飲食店としても

これで食中毒が予防できるなら

安い投資だと思いますしね。

 

これは画期的ですね!

 

ただ、1つ気になるところとして

ミルキンでサンプルとして使える試料は

透明な液体のみということで

どんなものでも使えるわけではないというところです。

 

飲食店とかで食材をチェックしたい場合

その食材が無色透明かというとそうでないと思いますしね。

 

ただ、そんなデメリットより

メリットの方が完全に際立つ商品ですので

飲食店の方はミルキンの購入をご検討されてもいいのではないでしょうか?

 

以上、

スマホが顕微鏡のレンズがわりになるという

画期的な顕微鏡、ミルキンを紹介しました。