【Uber普及の裏側で】中国人白タク、日本で横行

タクシーの免許を日本で持たない中国人が

日本の空港近くで

中国人を送迎する、

いわゆる白タクが問題になっています。

 

旅行熱が続く中国からの観光客を当て込んだ「中国式白タク」が、成田空港や関西国際空港など日本各地の空港で横行している。「中国人による送迎・ガイド」をうたい、中国の業者に登録した在日中国人が自家用車を運転。集客から支払いまでスマートフォン上で完結するため、取り締まりを免れるケースが大半だ。

headlines.yahoo.co.jp

 

 これ、聞いた時に

「難しい話だなぁ」と正直思いました。

 

 なぜなら2つの問題がここには存在するからです。

 

 1つは、スマホアプリUberの普及です。

 

  Uberとはスマホでタクシーを配車できるアプリです。

 

<参考URL>

carvilogger.com

 これだけ書くと、何の問題もないように思えますが、

 これが日本で問題視されている一番の原因は

「Uberは一般人でもタクシー登録できる」ということです。

 

 日本ではタクシーの仕事をするためには

 自動車免許の2種(普通の人、いわゆる僕らが持っているのは1種)を

 持っている必要があるのですが

 Uberの場合、その免許の有無の関係なしにタクシー登録できるのです。

 

 つまり、

 いわゆる「白タク」みたいなことが普通にできるのが

 このサービスです。

 

 ちなみに、日本では白タクは違法となっていますが

 海外ではUber含めて白タクは問題ないらしいです。

1920年代の大恐慌から多くの失業者が仕事として白タクを始め全米に広がった事。そしてそれが交通事故件数の増加、保険未加入問題、都市部での交通渋滞などを起こした結果、各地方自治体が安全性、保障、ドライバーの権利などに対応した法律を設定しました。

以後40年の自由方便政治の時代が過ぎ70年代80年代ごろに成ると、アメリカの20主要都市の自治体は運賃、許可、アクセシビリティー(利用しさすさ)などの規制を取り去り、再びタクシー業務の自由参入の時代と成りました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

わずか15秒で迎車リクエスト、乗客の情報はほとんどない

「これってほんと、ゲームみたいなんだよね」。とある金曜日の午後4時、自身が所有するウーバー登録車「トヨタ・カムリ」の運転席で、西村はウーバーのマッチングシステムについてそう切り出した。この日のスタート地点は、初夏の日差しがまぶしいブライアントパーク。道を挟んで紀伊國屋書店がある、マンハッタンのど真ん中だ。

翌日から3連休とあって、仕事を早めに切り上げて帰路を急ぐ人の姿が目に付く。西村が自分のスマートフォンでウーバーの運転手アプリを起動し、「ゲームを開始」すると、わずか15秒で乗客から迎車リクエストが届いた。 

www.newsweekjapan.jp

 

 このUberの仕組みを中国人が使って、

 白タクが横行しているというわけです。

 

 一見、Uberの日本でのサービス停止をすればいいようですが

 Uberは海外でも展開されているので

 日本での規制をしても、

 今回のように中国人同士だと使われてしまう可能性もあります。

 

 また、Uber自体が

 通常のタクシー業の人間も登録しているので

 今回の件で、通常のタクシー業の人間まで煽りを受けるのはかわいそうですよね。

 

 

 もう1つ、

 難しいなと思う点が

「利用する中国人の気持ちがわかる」からです。

 

 僕らだって海外に行った時に心細いですし

 そういう時に

 言葉が通じる、もっと言えば日本人のサービスを受けられれば

 それは非常に心強いでしょう。

 

 同様に今回の記事でも

中国式白タクは、運営する中国業者のスマホアプリで客が出発地と目的地、利用時刻を選べば、業者から日本にいる運転手に手配が届く仕組みだ。運転手が中国系のため、客は同胞意識と言葉が通じる安心感を抱く。


 日本旅行の際によく利用するという上海の医師(46)は「便利だから使う。中国で日本人運転手がいれば使いませんか?」という。中国ではスマホを使った決済が市場でも使われるなど生活に浸透しており、自家用車を使った送迎サービスのアプリも人気だ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 というふうに書いてあるのだ。

 

 事情がわかるだけに、

 絶対的にこのUberなどを禁止すべきというのが

 僕のスタンスではない。

 

 もちろん、日本の運送業は守るべきだろうが

 そこで規制してしまって

 サービスを受ける側が不便に思ってしまうのも良くない。

 

 今後、そのバランスというのが重要視されていくだろう。

 

 以上、今日は

 Uberによって中国人白タクが日本で横行しているというニュースを紹介した。