ピースの綾部祐二、就労ビザ取得

お笑い芸人ピースの綾部祐二

ようやく就労ビザを取得できたようです。

 

就労ビザの取得が難航して、ニューヨークに活動拠点を移すと発表しながら日本滞在中だったお笑いコンビ、ピースの綾部祐二(39)が就労ビザを取得、9月に正式に渡米することが24日、分かった。

 綾部は昨年10月会見し、米ハリウッド俳優を目指すためニューヨーク移住を発表。「ビッグになるまで帰ってくるつもりはない」と豪語していた。芸人として年収4000万円以上とうわさされていたが、相方又吉直樹(37)との日本でのピースの活動を4月初旬で休止し、ニューヨークに住居を確保するために渡米。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 1年かけて、ようやくのビザ取得ですね。

 

 色々な芸人さんに

 「ピースの綾部はまだ、日本にいる」

 と暴露されてたわけですが、ここから第一歩が始まりますよね。

 

 

 ただ、

 このニュースというか、

 取りにくいとか渡米しにくいとかの一連のニュースを見た時に思ったのが

「ハリウッド俳優を目指す時に、

  わざわざビザを取得して一から目指す必要があるのか?」

 ということです。

 

 そりゃ僕らみたいな素人が

 「ハリウッドで俳優になりたい」と思ったら

 海外でビザを取って、下積みしながらというのが筋でしょう。

 

 でも、ピースの綾部は日本で十分な実績を残しているわけです。

 あくまでも「お笑い芸人」としてですが。

 

 その状況で、

 吉本が、俳優業を中心に仕事をブッキングしていれば

 いずれハリウッドでの芽が出てたんじゃないのかな、

 ビザを取るという道のりをして

 記者会見をしてというところをする必要があったのかと

 そう思いますね。

 

 そりゃ、志はすごいと思います。

 すごい夢があるなと思いますし

 今の年収数千万円の生活を捨ててでもというのは

 本当に夢追い人しかできないでしょう。

 

 でも、どちらかというと

 その志を評価しているからこそ、

「もっと要領よくハリウッドを目指すことはできなかったのかな?」

と思ってしまいます。

 

 

 ちなみに

 今回のピース綾部がビザを取得した方法は

 おそらく

 卓越能力者ビザ、通称o-1ビザと言われるやつでしょう。

 

 

 

O-1 卓越技能保持者のビザ

O-1 ビザは科学・教育・芸術・ビジネス・スポーツの分野で国際的に卓越した能力保持者に与えられるビザです。1雇用者の元でのフルタイム就労ではなくフリーランスとして短期間の仕事やプロジェクトを請け負うアーティストやスポーツ選手などに匹敵するビザとも言えます。申請の際、スポンサー或いは雇用者が必要ではありますが、芸術とスポーツの分野においてのみエージェントをスポンサーとすることができます。O-1ビザの対象には大きく分けて3つのカテゴリーがあります。

A. 芸術
B .映画・テレビ業界
C. 科学・ビジネス・スポーツ

A. 芸術

芸術の分野とは、造形芸術、視覚芸術、料理法、舞台芸術等を含む創造活動にあたる分野のことを言います。演出家、振付家、舞台装置家、メークアップアーティスト、舞台技術家、動物訓練者など芸術分野に必須の人員が対象となり、この分野にて傑出した能力・技術を保持していることを明確に示す必要があります。国内または国際的に権威ある賞(例:グラミー賞)の受賞者/候補者である証拠の提出が求められます。このような受賞歴が無い場合は、下記の項目の中から3つを満たしていることを証明しなければなりません。

  • 著名な作品の主役或いは重要な役としての出演
  • 新聞・雑誌・業界紙での批評記事掲載
  • 著名な団体において主要或いは重要な役を果たした
  • 顕著な興行成績
  • その分野に関連する団体・批評家・政府機関又は専門家から重大な評価を得た
  • 高額報酬

上記の項目が該当しない場合は、これらに匹敵する資料を提出することが可能です。

 

B. 映画・テレビ業界

前述の芸術の分野と同じ規準を適用しますが、審査基準はかなり高くなります。

www.artistvisa.jp

 

  日本で芸能面で実績を残した人が海外で仕事をする時に使えるビザです。

 

 ただ、このビザ、

 他の就労ビザに比べて、取得はしやすいらしいですが

 厄介な点が2つ。

 

 1つは書類が面倒。

 

https://www.jinmei.org/blog/2008/10/19/480

 

 上記のリンクに書いているのですが

 「日本でこんな実績があるよ」

 と証明するために、色々と証拠となる資料を提出しなければいけないらしく

 ピース綾部もここで手間取ったのだと思います。

 

 「ビザの問題で、彼が集めなきゃいけない資料が沢山あり、その関係で遅れていると。運が良くて、8月下旬とは言ってたけど、なかなか。まだ時間がかかりそうな雰囲気でした。」

news.livedoor.com

 

 あと、もう1点厄介なのが、

 このビザで渡米すると

 アーティスト関係以外の仕事ができないこと。

 

 

O-1ビザを取得後、副収入を稼ぐためにパートタイムでウエイトレスやバーテンダーとして働くことができますか?

いいえ。O-1ビザはO-1申請時に記載されたアーティストとして働くことのみを許可するものです。米国での全般的な就労許可を与えるものではありません。

 

アーティストビザ取得 アメリカ弁護士

 

 

 ピース綾部に関しては

 収入がありますし、他の仕事をするつもりがないでしょうから

 いいんでしょうけどね。

 

 

 以上、今日はピースの綾部祐二が就労ビザを取得したということについて

 いくつか思うこと・情報を書きました。

 

 でも、ピース綾部さん、本当に頑張ってほしいですね。