【これはマスコミが悪い】宮崎謙介元衆議院議員の京都セミナー中止

宮崎謙介元衆議院議員をゲスト講師に招いて

9月に京都で行われるはずだったセミナー

「京都政務セミナー〜今の時代に求めらている議員像〜」

の開催が中止になったことが判明しました。

 

 またこの中止に関して

フジテレビの

「とくダネ」「バイキング」でも特集されています。

 

<とくダネ>

headlines.yahoo.co.jp

 

<バイキング>

headlines.yahoo.co.jp

 

で、これらのニュースを見て一言思うのが

「ほっといたれや!」ということ。

 

 

もちろん、

宮崎謙介元衆議院議員が衆議院議員時代に行ったことは

政治家としてはやってはいけない行為だったかもしれません。

 

また、衆議院議員時代に

その不倫問題について十分説明責任が果たせたかというと

そうではない可能性も高いと思います。

 

でも、

宮崎謙介元衆議院議員は議員ではありません。

 

つまり、公人ではなく私人です。

 

その私人について、

マスコミが根掘り葉掘り、とやかく取材するのってどうなのって思います。

 

また、上記の

政務研究会 -京都政務セミナー-

このページによると、

宮崎謙介元衆議院議員のご家族にまで迷惑がかかっているらしいじゃないですか。

 

これはマスコミがやりすぎでしょ。

 

 

公人時代は

国民のお金で生活しているので

国民への説明責任が生じるのはわかります。

 

また、直接国民には伝えることが難しい場面もありますから

そういう時のために、マスコミ自体が必要なのも理解できます。

 

でも、

もうもはや「一般人」の宮崎謙介元衆議院議員について

マスコミがとやかく言える権利はない。

 

 

こうやって騒ぎ立てることで

宮崎謙介元衆議院議員の生活にも悪影響が出るのは明らかですよね。

お前らに、幸せな家族生活を奪う権利がどこにあるんだと言いたくなりますね。

 

犯罪者でさえ、

犯罪を起こしてから社会更生の機会が与えられるんです。

 

宮崎謙介元衆議院議員なんて犯罪者じゃないんで

そういう問題を起こした後、

しっかり反省して、ご自身の生活を営もうとされてるんです。

 

マスコミのアホな過剰な報道によって

その機会を奪ってしまう、

これは大問題じゃないかとそう思いますね。

 

こんな感じでとやかく言われる

宮崎謙介元衆議院議員に正直、同情します。

 

 

以前書いた

trend-news-media.hatenablog.com

この記事でもそうなんですが、マスコミ、調子乗りすぎでしょ。

 

 

こんなんだから信頼されず

ABEMA TVとかそういうネットのメディアにシェアを奪われていくんですよ。

 

もう、マスコミのそのしょうもない風潮、やめましょ。

 

もちろん、すべてのマスコミがそうだとは思わないですし

こんなアホなのごく一部だと新時代ですけど、

その一部のバカな言動が目につきすぎる・・・。

 

 

以上、

宮崎謙介元衆議院議員の京都セミナー中止になった件について

個人的な感想を書きました。