お台場にガンプラの聖地「GUNDAM BASE 東京」がオープン

本日8月19日、

お台場にガンプラの聖地、

GUNDAM BASE 東京がオープンしました。

 

「ガンプラ」の世界最大の施設が19日、東京・お台場にオープンした。
整理券を求め、並ぶ「ガンプラファン」、およそ300人が列をつくった。
群馬から来た家族は、「(ガンプラを)いっぱい買いたくて」、「子どものころ、手が届かなかったのもあるみたいなので、楽しみだなと思います」などと話した。
「GUNDAM BASE 東京」は、600坪の広さのガンダムのプラモデル専門店として、19日にオープンした。
発売されているのは、初代モデルから最新モデルまで、およそ2,000種類。
限定品はもちろん、20周年記念モデルなど、ファンにはたまらない品々がそろっている。

headlines.yahoo.co.jp

 

 まず、公式ホームページから、

 店舗情報を拝借。

 

THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)

東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ7F

オープン日
2017年8月19日
営業時間
10:00~21:00(不定休)
運営
株式会社バンダイ ホビー事業部
施設面積
約600坪

THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト

 

 で、ついでに公式サイトから

 ガンダムベース東京でしか買えないガンプラの情報も拝借。

 

RG 1/144 ガンダムベース限定
シナンジュ
[メタリックグロスインジェクション]

価格:4,320円(税8%込)
対象年齢:15才以上
8月26日発売

 

MG 1/100 ガンダムベース限定
RX-78-2 ガンダムVer.3.0
[クリアカラー]

価格:4,860円(税8%込)
対象年齢:15才以上
※販売価格に誤りがあったため訂正いたしました(8/16訂正)

 

HGBF 1/144 ガンダムベース限定
すーぱーふみな
[ガンダムベースカラー]

価格:1,944円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

HG 1/144 ガンダムベース限定
ガンダムバルバトス
[メタリックグロスインジェクション]

価格:1,296円(税8%込)
対象年齢:8才以上

   

LEGENDBB ガンダムベース限定
武者號斗丸(最終決戦Ver.)
[クリアカラー]

価格:1,620円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

MG 1/100 ガンダムベース限定
フリーダムガンダムVer.2.0
[クリアカラー]

価格:4,860円(税8%込)
対象年齢:15才以上

 

PG 1/60 ガンダムベース限定
ガンダムアストレイ レッドフレーム
[メタリック]

価格:19,440円(税8%込)
対象年齢:15才以上

 

HG 1/144 ガンダムベース限定
RX-78-2ガンダム
[メタリックグロスインジェクション]

価格:1,296円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

MG 1/100 ガンダムベース限定
エールストライクガンダム Ver.RM
[クリアカラー]

価格:4,536円(税8%込)
対象年齢:15才以上

 

HG 1/144 ガンダムベース限定
プチッガイゴールドトップ&プラカード

価格:972円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

HG 1/144 ガンダムベース限定
プチッガイシルバースパークル&プラカード

価格:972円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

LEGEND BB ガンダムベース限定
騎士スペリオルドラゴン
[クリアカラー]

価格:1,620円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

ガンダムベース限定
アクションベース1
[ブルー]

価格:594円(税8%込)
対象年齢:8才以上

 

ガンダムベース限定
アクションベース2
[ブルー]

価格:486円(税8%込)
対象年齢:8才以上

  

 

 みた印象ですが、やはり結構なお値段がしますね。

 

 対象年齢8歳以上とか15歳以上とか書いてますが

 ターゲット層として若年層にしていれば、こんな価格帯にはしないはずなので

 おそらく、子供の頃にガンプラを触っていたお父さん世代を

 ターゲットにしているのでしょう。

 

 2020年でガンプラが40周年ということなので

 今でガンプラができて37年、ということは

 当時小学生だった子供たちがちょうど40代くらいの

 お金を持っている層なのでしょう。

 

 

 まぁ、ただ、個人的には

 もっと若年層、特に幼稚園とか小学生に手にしてほしいものだなと思います。

 

 ほら、最近、

 スマホやテレビゲームが普及してきて

 なかなか、

 画面なしで真剣に作業するようなことが減ってきてるじゃないですか。

 

 僕らが子供の頃って

 ファミコンとかスーファミがで始めた頃とかで

 まだ、そんなに爆発的にテレビゲームが普及しているとかではなかったし

 スマホどころか携帯電話すらもなかった。

 

 そんな時代なので

 家ですることって、それこそ折り紙とかすごろくとか

 そういうものになってきたんですよね。

 

 でも、そんな

 ある意味、原始的な

 手を黙々と動かして、何かを作っていくみたいな作業が

 社会人になった今、活かされてることもあるなと

 そういう風に切に思うこともあるんですよね。

 

 なので、

 今回のガンプラだって

 そういうまだまだ脳みそが発達していく

 専門的に言えばニューロンとかシナプスとかが増えていくような

 そんな幼稚園・小学生の子供たちに

 画面なんかなく、ただただ物作りに没頭する

 そんなことをしてほしいなとそう思うわけです。

 

 そうじゃないと

 スマホだけで作られた子供たちの未来、将来は

 正直恐ろしいなと。

 もっとクリエイティブがほしいなとそう考えるわけです。

 

 なので

 今回のGUNDAM BASE東京のオープンによって

 もっと、

 子供たちにガンプラが普及して

 物作りに没頭する、手を動かせる子供たちが増えてほしいなと

 そう思います。

 

 以上、今日は

 お台場にンプラの聖地「GUNDAM BASE 東京」がオープンしたという

 ニュースから、

 最近の子供たちに願うことを書いてみました。

 

 

P.S.

 もう1つ気になったのは

 さっきのYahooニュースの

整理券を求め、並ぶ「ガンプラファン」、およそ300人が列をつくった。 

 という部分なんですが、

 今回のGUNDAM BASEの情報って事前にどこで知ったんでしょう?

 

 僕の見る限り

 あまりテレビでも大々的にPRされてたわけではないのかなと

 思ったんですが・・・。

 

 伝えるべきところにはちゃんと、そういう情報は伝わるようになっているのかな?