マラソン女王、原裕美子さん、万引きで逮捕。

名古屋国際女子マラソンや

大阪国際女子マラソンで優勝経験があり

世界陸上でも入賞経験がある

マラソン女王の原裕美子さんが万引きで逮捕されました。

 

 世界陸上での入賞経験もあるマラソン元日本代表の女が、栃木県足利市のコンビニで化粧品などを万引きしたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは、足利市に住む契約社員の原裕美子容疑者(35)で、先月30日午後4時すぎ、足利市大月町のコンビニで化粧品やおにぎりなど8点、およそ2600円相当を万引きした疑いが持たれています。

headlines.yahoo.co.jp

 

 まず、原裕美子さんの現役時代の実績を紹介。

年度 大会 種目 順位
1999年 日本選手権 10000m 9位
2003年 世界ハーフマラソン ハーフマラソン 19位
2005年 世界選手権 マラソン 6位
2005年 名古屋国際女子マラソン マラソン 1位
2007年 世界選手権 マラソン 18位
2007年 大阪国際女子マラソン マラソン 1位
2007年 日本選手権 10000m 12位
2008年 名古屋国際女子マラソン マラソン 4位

 

 で、今回、このニュースで気になった点が2点あります。

 

 まず1点目が、これはどういう理由での万引きなんだろうということ。

 原裕美子さんのお父さんは

 「何で万引きしたのか。カネを持っていないわけではない。欲しければカネで買えばいい。そこが魔が差したのか」(原容疑者の父親)(17日23:25)

  とおっしゃってますが

  今回、8点も商品を万引きされてるんですよね。

 

  これが8回にわたって万引きされたとかであれば

  完全に万引き症候群というか

  万引きがやめられないという一種の精神的症状でしょう。

 

  でも、1回に8点なら

  もう魔が差したとかいうレベルじゃないと思うんです。

 

  それなら本当にお金がなかったのかなと思いますし。

 

  なので、どういう理由で万引きがあったのか、

  そこが気になるところですね。

 

 

  もう1つ気になったのが職種です。

  ニュースによると、

  原裕美子さん、現在、契約社員で働いておられるんですよね。

 

  先ほどご紹介したように

  かなり華々しい経歴をお持ちの方です。

 

 で、なぜ、そういう方が

 今契約社員として働いておられるんだろうというところなんですよね。

 

 wikipediaによると

2013年3月、故障の悪化等を理由によりユニバーサルエンターテインメントを退社。現在は一般市民ランナーとしてフルマラソン等へ出場の他、陸上クリニックの講師などで活動中。 

 ということですが、

 ということは現在は陸上関係の仕事にはついておられず

 一般職として働いておられるということなのでしょうか。

 

 もしそうだとしたら、

 こういうスポーツ選手の引退後について、

 考えてしまいますね。

 

 こういう方達って

 学生時代から部活一筋で

 1つのことに没頭されてる方が多いと思うので

 もし、それを失った時に

 どうやって新たなことに取り組んでいくか。

 

 もちろん、コーチ職などで残れればいいんでしょうけど

 そういう道は超一流のみが許される

 かなり狭き門だと思いますので

 それ以外の一般職につかれると思うんです。

 

 

 なので、スポーツ業界としての課題として

 そういう方をどうサポートしていくか

 もちろん今の段階で何か取りくまれてると思うんですが

 今後、もっと

 そういう方達が輝ける舞台が必要だなとそう考えます。

 

 せっかく、世界レベルで通用されるマインドをお持ちの方なので

 それが埋もれてしまうのは勿体無いですしね。

 

 以上、今日は

 マラソン女王、原裕美子さん、万引きで逮捕されたニュースから

 スポーツ選手の引退後についてちょっと考えてみました。