城島高原パーク、ジェットコースター「ジュピター」に作業員はねられる

大分県別府市にあるテーマパーク

城島高原パークで人身事故です。

 

城島高原パークのジェットコースター「ジュピター」に

作業員2名がはねられて、1名の方がお亡くなりになられました。

 

 大分県別府市の遊園地で、点検中の男性作業員2人がジェットコースターにはねられ1人が死亡しました。

 12日午後3時半ごろ、別府市にある城島高原パークで、点検をしていた男性作業員2人が走ってきたジェットコースターにはねられました。はねられた2人のうち男性作業員1人の死亡が確認されました。もう1人の40代の男性作業員は意識があるということです。

 

headlines.yahoo.co.jp

  

 で、どういう状況だったのかなと思い、

 もう少しニュースを見ていくと

 2人をはねたジェットコースターは無人だったということです。城島高原パークのホームページによりますと、このジェットコースターは先月リニューアルしたばかりで、新車両が導入されていたということです。当時現場では、この2人だけで点検を行っていたということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。

 

 ということで、新車両導入で、

 無人で試験運転をしていた時に2人の作業員がはねられたってことですね。

 

 

 で、Twitterで情報を確認していたところ、

 どうやら、この城島高原パーク、

 安全に関する意識が薄そうですね。

 

 僕自身、

 遊園地での勤務経験がないのでよくわからないんですが

 一般論からだけで言えば

 普通は稼働運転中にその線路に作業員がいるという状況は

 ありえないような気がします。

 

 まぁ、今回は

 人が乗ってない試験運転中とは言え

 時速数百kmで動く、すごい速い乗り物が動いているわけで。

 

 なので、

 今回の事件がというよりは

 この城島高原パークには

 一度安全に関する意識をもう少し高めた方がいいのではないかなと

 そう思います。

 

 確かに

 遊園地的には稼働日を減らしたくないだろうから

 運転中に横で点検するという方が

 稼働日を減らさなくていいんでしょうけど、

 命ばっかりは何事にも変えられないですからね。

 

 こういう事故があると

 エキスポランドみたいに、そのまま閉園の道を辿るということもあるでしょうし。

 

 あと、思うのは

 今回のジェットコースター「ジュピター」には

 緊急停止装置見たいのはついてなかったのかな?と。

 

 まぁ、ジェットコースターの線路で人が引かれるというのは

 普通は考えられないので

 そういうのはいらないかもしれませんが、

 今回みたいに完全にないわけではないので

 例えばセンサーで100m先を感知とか、

 線路上の重量をチェックして緊急停止とか、

 そういうものを設置して防げる事故は防いで欲しいなと思いますね。

 

 まぁ、それよりも何よりは

 施設として事故が起こらないようにするための

 安全に対する徹底的な意識づけが必要だとは思いますしね。

 

 

 こういう事故があったら誰も得しないんですから、

 ほんと、気をつけましょ。

 

以上、今日は

 城島高原パーク、ジェットコースター「ジュピター」に作業員はねられたという

 ニュースをお伝えしました。

 

 

 今回はねられて死亡された作業員の方には

 心からご冥福をお祈り致します。