ランドルト環(ランドルカン)って知ってますか?

みなさん、突然ですが

ランドルト環(ランドルカン)って知ってますか?

 

ランドルト環とは視力検査で使うCのマークのことです。

これですね。

f:id:murakamiinfo:20170810221559p:plain

 

たまたま、今日、

ランドルト環のことが

モニタリングのクイズでやってたので

話題に出してました。

 

ちなみに、他の方が指摘しているように

ランドルト環、ランドルカンと言っても正解です。

 

 

このランドルカンですが、

どういう基準であのCの大きさになっているか知っていますか?

 

もちろん適当に

Cの大きさを決めているわけではなく(笑)

視力によってちゃんとした大きさがあるんですよね。

 

ということで今日は

視力検査でよく使うランドルト環の話です。

 

ランドルト環ですが、

視力によって以下のように大きさが決められます。

というか、これが視力の決め方です。

 

 
 

 視力は、確認できる最小視角の逆数で表され、1分の視角を確認できる能力を、視力1.0といいます(1分は角度を表す単位で、1度の60分の1の角度)。例えば、確認できる最小視角が2分なら視力は1÷2で0.5、10分なら1÷10で0.1ということです。

 ふつう視力検査は、視力表から5メートル離れて行います。視力表で視力1.0に該当するランドルト環は、高さ7.5ミリ、文字の太さ1.5ミリ、文字の切れ目部分の幅1.5ミリです。この「文字の切れ目部分の幅1.5ミリ」がちょうど、5メートル離れたところからの視角1分に相当します。5メートル離れたところから、この文字の切れ目を確認できれば(ランドルト環の向きがわかれば)、1.0の視力があることになります。ちなみに、視力0.5用のランドルト環の大きさは1.0用の2倍、0.2用は5倍、視力表の一番上にある0.1用は1.0用の10倍の大きさです。

視力検査のCの意味は?

 

 上記の説明を見ればわかりますが

 実は視力検査で重要なのは

 ランドルト環のCの大きさではなくて、

 ランドルト環のCの「切れ目」の大きさということですね。

 

 なので、上の記事にも書いてますが

 よく、大きいCが見えない人が

 どんどん前に進められて、

 C の大きさが「見えるところがどこか?」みたいなことを

 調べられてますが、

 あれでも、もちろんですが数学的に正確に視力を計算できるというわけですね。

 

 イメージとしてはtanθのθの角度を調べるというイメージでしょう。

(シータが小さい時はtanθ≒θと近似できますので。)

 

 ちなみに

 ランドルト環のランドルトですが、

 フランスの眼科医の名前だそうです。

 

 ということは

 この人がランドルト環を発明したということは

 ランドルトさんが視力の仕組みを考えたってことなのかな?

 

 ちなみに、

 このランドルト環、

 世界共通の視力検査の方法ではないようですよ。

しかしこのランドルト環、必ずしも世界唯一の視標ではないのです。例えば中国で広く用いられているのは、ランドルト環ではなく、アルファベットの「E」を視標として用いた「Eチャート」と呼ばれる検査表。また、欧米では複数のアルファベットが並んだ「スネレン指標」と呼ばれるものが普及しています。

dot.asahi.com

 

 以上、

 今日はモニタリングでランドルト環が取り上げられたことから

 ランドルト環(ランドルカン)と視力の関係について書いてみました。

 

 ではでは、また明日。