鈴木俊一五輪担当相(岩手県)、ガソリン代で3年間で1400万円

衆議院岩手2区の

鈴木俊一五輪担当相が

ガソリン代を3年間で1400万円計上していることが

問題になっています。

 

 鈴木俊一五輪担当相(衆院岩手2区)が代表を務める資金管理団体「清鈴会」が、2013~15年の3年間にガソリン代を計1412万円支出したと政治資金収支報告書に記載していたことが9日、分かった。

headlines.yahoo.co.jp

 

 本人の釈明としては

  鈴木氏の事務所は「7人が政治活動に車を使用した」と説明しているが、高額過ぎるのではないかとの見方も出ている。

 同事務所は「岩手県は土地が広く、当時7人が車を1台ずつ使用して各地を回った。1人が1日250~300キロは走っている」と説明した。

 

 ということですが、ちょっとおかしいですよね。

 

 実際、

 他の岩手県の議員さんも

 それくらいの費用を使っているのかなと思って

 他の議員さんの政治資金収支報告書も確認してみました。

 

 情報ソースはここ

政治資金センター みんなで調べよう政治とカネ

 

 ここで国会議員の政治資金収支報告書が確認できます。

 

 で、事細かに書かれてるんですが

 イチイチ正確に計算するのが面倒なので(汗)

 僕の暗算で概算を出してみました。

 

 で、上の情報ソースに出ていたのが

 2014年までだったので

 その段階の政治資金収支報告書での確認です。

 

 まず、岩手1区の階 猛さん(民主党)が

 概算で年間60万くらいです。

 

 で、岩手3区の黄川田 徹さん(民主党)が

 概算で年間85万くらいです。

 

 

ただ、この2人の方は民主党なので

同じ自民党で比較した方がいいかもしれませんね。

 

ということで自民党も2人ピックアップ。

岩手3区の橋本英教さん(自民党)が年間115万円くらい

岩手4区の藤原崇さん(自民党)が年間210万円くらい

 

ということで、

確かに自民党の方が民主党に比べて

ガソリン代がかかりますが

それでも、だいたい200万円くらいですよね。

 

それに比べて

鈴木俊一五輪担当相が3年で1400万なので

1年あたり400~500万ということで明らかに多いですよね。

 

 

もちろん秘書さんの数とかもあるんでしょうが、

逆に他の人たちが

そこまでガソリン代をかけずに実現できてるんですから

そうであれば、逆に無駄が多いということになりますよね。

 

ということで、

  鈴木氏の事務所は「7人が政治活動に車を使用した」と説明しているが、高額過ぎるのではないかとの見方も出ている。

 同事務所は「岩手県は土地が広く、当時7人が車を1台ずつ使用して各地を回った。1人が1日250~300キロは走っている」と説明した。

 という言い訳は通用しないと思います。

 

あと僕思うんですが、

こういう問題ってなんか毎回出てきますよね。

 

だから、

ガソリン代に関しては絶対にレシート必須

ということにできないんでしょうか?

 

レシートを一緒に添付すると。

 

確かに1回数千円のレシートを添付すると

数千枚のレシートになって、煩雑になるかもしれないですが

そこまでしないと、国民が納得しないですよね。

 

ただでさえ、いま不正支出に厳しい世の中になってるんで。

 

以上、

鈴木俊一五輪担当相(岩手県)、ガソリン代で3年間で1400万円

というニュースから

この3年間で1400万というのが適正なのかというのを

検証してみました。