ホラー水族館がサンシャイン水族館にオープン。人魚がテーマ

池袋にある水族館「サンシャイン水族館」で

来月、9月28日から

人魚をテーマにしたホラー水族館が11月5日までの

期間限定でオープンするそうです。

 

サンシャイン水族館では、ホラー水族館「あやかしの人魚」を2017年9月28日(木)から11月5日(日)まで開催。

第1弾として、2016年10月にホラー水族館「呪いの水櫛」を実施した際、水族館での新しい恐怖体験が人気を呼び、期間中は約2万人が訪れた。

第2弾となる今回もお化け屋敷プロデューサー・五味弘文とコラボレーションし、水族館の特性を活かした視覚と聴覚で「恐怖」を体験できる内容となっている。テーマは美しさと怖さという2面性を持つ「人魚」。癒しの空間から一転し、思わず鳥肌が立つような恐怖体験を通して涼んでみてはいかがだろう。

 

www.fashion-press.net

 

 めっちゃ気になります。

 

 というのが

 水族館と人魚はまだわかる、

 でも、水族館とホラーが全然結びつかない。

 

 公式ホームページを見ても

 その辺の説明は一切なく、

水族館の特性を活かした視覚と聴覚で「恐怖」を体験できる内容となっている。

  という説明だけ。

 

 水族館の特性を活かした視覚と聴覚ってなんだろうと不思議になります。

 

 ただ、詳しい説明見ていたら

サンシャイン水族館に「ホラー水族館」がオープン、2面性を持つ「人魚」をテーマに

 

サンシャイン水族館では、ホラー水族館「あやかしの人魚」を2017年9月28日(木)から11月5日(日)まで開催。

第1弾として、2016年10月にホラー水族館「呪いの水櫛」を実施した際、水族館での新しい恐怖体験が人気を呼び、期間中は約2万人が訪れた。

第2弾となる今回もお化け屋敷プロデューサー・五味弘文とコラボレーションし、水族館の特性を活かした視覚と聴覚で「恐怖」を体験できる内容となっている。テーマは美しさと怖さという2面性を持つ「人魚」。癒しの空間から一転し、思わず鳥肌が立つような恐怖体験を通して涼んでみてはいかがだろう。

さらに、今回のホラー水族館に合わせて屋上のカナロア カフェは「ホラーカフェ」に変わり、ショップ アクアポケットでも関連グッズが販売される。

【詳細】
ホラー水族館「あやかしの人魚」
開催期間:2017年9月28日(木)〜11月5日(日)
営業時間:18:30〜22:00 ※水族館の通常営業は18:00(最終入場 17:00)まで
会場:サンシャイン水族館
住所:東京都豊島区東池袋3-1 ワールドインポートマートビル・屋上

<チケット>
発売日:2017年9月11日(月)~
取り扱い:ファミリーマート店内設置の「Fami ポート」
価格:大人 2,200円、学生(大学・専門・高校) 1,800円、ペア 3,500円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4歳以上) 700円
※こども、幼児料金の方は高校生以上の方の同伴の下入場。また、未就学児の入場は同伴者の同意が必要
※ペアチケットは本イベント期間のみの販売
※音声ガイド付き
※「Fami ポート」販売状況により水族館チケットカウンターで当日チケットを10:00から販売する場合もあり
※金額はすべて税込

www.fashion-press.net

 

 ということでオープンが18:30〜22:00と夜なんですよね。

 

 ということは、

 真っ暗な水族館の中で

 夜に光るようなアンコウみたいな魚で

 視覚的に怖くさせるんでしょうか?

 

 まぁ、あくまでも、想像ですが。

 

 しかも、水族館ならではの聴覚ってなんだ?

 

 魚の鳴き声?

 波の音?

 

 全然、想像がつかん!

 

 ということで

 サンシャイン水族館のホラー水族館、

 すごい興味があります。

 

 来月末にホラー水族館がオープンということで

 すごい楽しみですね!

 

 以上、今日は

 ホラー水族館がサンシャイン水族館にオープンするという

 ニュースでした。

 

 

P.S

 以前紹介したこちらの記事

 

trend-news-media.hatenablog.com

でも、そうですけど

 最近水族館って、企画がすごいですね。

 

生き残りに必死なんでしょうね。

頑張って欲しいところです。