ジャパンディスプレイ(jdi)、従業員3000人削減

現在、経営再建中の

大手液晶メーカー「ジャパンディスプレイ」(通称:jdi)が

国内外で3000人ほど、従業員を削減することが判明しました。

官民ファンドの産業革新機構の支援を受けて経営再建中の液晶メーカー、「ジャパンディスプレイ」は国内で200人余りの早期退職を募集するなど、国内外で従業員を3000人余り削減して生産体制を抜本的に見直し、赤字体質からの脱却を目指すことになりました。 

www3.nhk.or.jp

 

 もともと、何人くらい従業員がいて

 そのうち3000人なんだろうと分母を調べてるために

 ホームページを見てみると

 概要

商号 株式会社ジャパンディスプレイ
事業開始 2012年4月1日
資本金 969億円
従業員数 13,173人 (連結、2017年3月末現在)
事業内容 中小型ディスプレイデバイス及び関連製品の開発、設計、製造及び販売
本社所在地 〒105-0003 東京都港区西新橋三丁目7番1号

 

www.j-display.com

 

 ということで13000人のうち3000人ということは

 だいたい4人に1人の人員削減ということで、

これは大幅な人員削減ですね。

 

 これ、考えてみると普通に怖い。

 

今、僕、自分が働いている会社が

だいたい20人くらいの事業所なんですが、

そのうち5人がいきなりいなくなるんですよ。

これ、もう違和感しかない。

 

あと、僕、

お昼休憩にだいたい4〜5人でご飯を食べにいくことが多いんですが

そのうち、1人いなくなる計算になります。

 

まぁ、これはあくまでも例えで

幸い、僕の会社はそういう状態にはなってないんですが

それくらいやばい人員削減ってことですね。

 

実際には以下のような人員削減のようですけどね。

関係者によりますと、まず国内では石川県にある「能美工場」のスマートフォン向け液晶パネルの生産ラインを休止します。また、国内全体で200人を超える規模の早期退職を募集します。

一方、海外では中国やフィリピンなどにある工場を対象に、閉鎖や生産体制の縮小を進めて他社への生産委託に切り替え、3000人規模の従業員を削減します。

www3.nhk.or.jp

 

 で、問題はなぜ、こういうことになってしまったかという

 原因についてです。

 

 で、いろいろ調べてたら、

 どうやら原因はこれっぽい。

 

 不振の大きな原因は、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの台頭だ。スマートフォンへの採用が想定以上に加速し、収益を圧迫している。10日に決算発表を控えるが、戦略の見直しは避けられない。

newswitch.jp

 

 どうやら、元々の収益体制が、スマホ用のディスプレイに依存していたとのこと。

ジャパンディスプレイへの不信の背景には、”スマホ依存”に対する危惧がある。ジャパンディスプレイの売上高のうち、8割以上をスマホ向けの販売が占め、4割以上をアップル向けの販売が占める。そのため、スマホ市場ないしiPhoneの販売動向に業績が大きく左右される構造になっている。

 

toyokeizai.net

 

 そこに有機ELが登場してきて

 一気に売り上げが下がったとのこと。

 その結果、こんな感じの売り上げ推移に。

 

 

newswitch.jp

 

 今までの説明を聞くと、

 なるほど、1つに依存しすぎたあまりの赤字・人員削減なんだな

 と思うが、

 1つ解せないことがある。

 

 それは、売上高的には上がっているのに赤字になっているということだ。

 

 もう一度、売り上げ推移を見てみよう。

 

 

 

newswitch.jp

 

 こんな感じで2013年から2015年まで上昇している。

 にもかかわらず、収益はどんどん悪くなっている。

 

 これで考えられる可能性はいくつかあるだろう。

 

 まずは「安売り」による利益圧迫。

 

 有機ELが台東してきたことで

 今までの価格では売れなくなった、そこで値下げで売り出した

 

 これで利益が少なくなって赤字に転落したという考えができるだろう。

 

 ただ、その場合、

 単価が下がっていることから、売り上げもそんなに上がらないはずである。

 

 ということは、考えられるもう1つの可能性として

 経費の増加

 

 これだろう。

 

 それなら、今回の従業員数の削減も話があう。

 

 では、問題はなぜ、経費が増加したか。

 

 例えば、

 iphoneに出荷するためのディスプレイの

 量産体制を確保する目的で

 工場を増やして、その後に有機ELが出てきたのかもしれない。

 

 もしくは有機ELで

 スマホ用の芽がないと悟ったから

 他の分野での営業を強めるための設備投資かもしれない。

 

 何れにしても、 

 時勢に乗れなかったということは否めない。

 

 

 今後、従業員削減でどうなっていくのだろう。

 

 少なくとも

 利益を出すために、人員削減というのは

 愚の骨頂だと思う。

 

 まぁ、生き残りのためにはなりふり構っておられないのはわかるが

 それまでに対策が打てなかったのだろうか。

 

 

 以上、今日は

 ジャパンディスプレイ(jdi)が従業員3000人削減を発表したことで

 思うことを書いてみました。

 

 ではでは、また今度。