まんが甲子園って何だ? 

今日、共同通信の記事で面白いネタがあった。

それがコレ。

this.kiji.is

 

ん?

まんが甲子園?

なんだこれ?

 

漫画好きな俺からしたら、この甲子園、すごい興味ある。

どういう甲子園なんだろう?

 

ということで、

今日はまんが甲子園について調べてみました。

 

早速、Google先生でまんが甲子園と調べてみると

f:id:murakamiinfo:20170805215534j:plain

 

すぐ公式サイトが見つかった。

 

公式サイトがコレ。

mangaoukoku-tosa.jp

 

で、そのサイトに書いてある

まんが甲子園の説明を引用すると

王国最大の催しまんが甲子園とは?

正式名称は、全国高等学校漫画選手権大会。
1992年に始まった、全国の高校生を対象としたまんがの大会。
参加生徒は「高校ペン児」の愛称で呼ばれ、出題されたテーマに沿って1枚の紙に「まんが」を描く。

全国1位という名誉が得られる

チームで予選、1次競技、敗者復活戦を勝ち抜き、決勝戦で最優秀賞を決定。
最優秀校はクラブ助成金や、画材などの副賞を与えられ、その年の全国1位という名誉が得られる。

まんが甲子園の最大の特徴は、作品が「1枚」であること。
予選を勝ち抜いたペン児は、毎年8月に行われる本選大会(高知市)に集結し、B2大のパネルを使い、自由にテーマを表現する。

また、近年では、出版社によるスカウト制度も導入。新人漫画家の発掘にも力を入れ、デビューへの新たな登竜門となっている。
数ある「○○甲子園」の元祖でもあり、平成23年には第20回大会を迎えた。
毎年、全国から約300校が参加する、とても大きな大会なのだ。

 

 

 ということで、どうやら

「漫画家を目指す甲子園」のための全国大会が

まんが甲子園というらしいです。

 

で、そのまんが甲子園の本選が今日・明日で行われています。

 

出題されたテーマに沿って1枚の漫画を描くということですが

どんなテーマが出るのか気になりませんか?

 

僕、すごい気になりました。

 

ということで

まんが甲子園 主催者のTwitterを確認してみると

 

テーマが「維新」って難しすぎませんか?笑

 

このテーマで1次選考があって

今日の段階で300校から15校に絞られて

明日決勝があるらしいです。

 

予選大会から決勝までの流れ

 

で、今日決勝がいけなかった高校のうち

5校が明日の決勝に行ける敗者復活戦があるのですが

その敗者復活戦のテーマが

敗者復活戦のテーマは「光輝高齢」です!

敗者復活戦は2日目08:00~09:00、高知市帯屋町商店街「ひろめ市場」にて一般投票が行われます。皆さま、ぜひお越しください!

 ということで「光輝高齢」って難しすぎでしょ。。。

 

「光輝高齢」、

字から想像するに高齢者が光り輝くということでしょうか?

 

いやはや、こんな難しいテーマでどういう漫画が描かれるんでしょうか?

 

内容が見たい人は明日、

高知市の帯屋町商店街で見れるらしいので

ぜひぜひ見に行ってください。

 

ちなみに決勝進出者の漫画も公開されてなかったです。

 

 

以上、今日はまんが甲子園についての情報でした。

 

でも、こんな甲子園があるっていいですね。

いい学園生活が送れるんだろうなぁ(ウットリ)

 

 

P.S.

ちなみに

まんが甲子園、第1回が25年前という由緒ある大会らしいです。

知らなかった・・・。