【注意喚起】カツオノエボシ(別名 電気クラゲ)というクラゲにこの夏要注意

注意喚起です。

この夏、海にカツオノエボシという電気クラゲが

大量出現しているとのことです。

 

このカツオエボシ、

刺されるとかなり危険なそうなので

要注意です。

 

別名「電気クラゲ」、クダクラゲ目カツオノオエボシ科の刺胞動物だ。クラゲのような形状をしているが、実際は「ヒドロ虫」という生物が集まったものが一個体に見えるだけで、海に浮遊しているミズクラゲエチゼンクラゲなどとは異なる生物である。

触手に猛毒を持ち、刺されると激痛が走る。刺された患部は炎症を起こして腫れ上がり、2度刺されるとスズメバチなどに刺された時と同様のアレルギー反応「アナフィラキシーショック」状態に陥り、最悪の場合死に至る可能性もある。

tsuriho.com

 

 上のリンクにでている写真がカツオエボシです。

 上記ページにも書いていますが、

 このカツオエボシ、やっかいなのが死んでも毒性が消えないそうです。

カツオノエボシの恐ろしさは死んでも毒針が健在することだ。海水浴などの際、海岸に打ち上がったカツオノエボシをうっかり踏んでしまうと大惨事になりかねない。

 上の写真にもあるように

なんかパッと見、かわいく思っちゃいますので

思わず触っちゃいそうですけど、絶対に触ったらだめですよ!

 

あと、注意したいのがお子さんですね。

 

お子さんと海に行く場合、

お子さんが興味を持って触ってしまいそうですよね。

 

かなりの猛毒なので

触ってしまって重体にもならないよう

十分に気を付けてくださいね。

 

以上、

今日はカツオノエボシについての注意喚起でした!

 

皆さん、お気をつけて。