小野寺元防衛相が防衛相に再任の見通し

8月3日に発表される安倍内閣

新閣僚人事で

前の前の安倍内閣の時に防衛大臣をやっていた

小野寺元防衛相が

再度、防衛相になる見通しということです。

 

内閣改造を3日に控え調整が本格化している。日報問題で混乱した防衛省の立て直しに向けて小野寺元防衛相の防衛相への起用が内定した。

 防衛省南スーダンに派遣されていた自衛隊の日報問題をめぐり隠蔽(いんぺい)体質が指摘されたほか、情報の内部リークが相次ぐなど閣僚によるシビリアンコントロールが利いているのか疑われる事態に陥っていた。そうした状態から組織を立て直すため安倍首相は第二次安倍内閣で防衛相を勤めた小野寺元防衛相を再び防衛相に起用する方針を固めた。

headlines.yahoo.co.jp

  色々な不祥事で支持率が落ちている安倍内閣なので

 今回の人事では「守りの人事」になるのではないかということが

 予想されていましたが

 それがそのまんま出た形ですね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 僕自身、政治に詳しくないので

 小野寺元防衛相が

 防衛大臣時代にどのような偉業を成し遂げられたのかは

 存じ上げてないのですが、

 ネットの反応を見ると、

 反応がいいので、それなりにしっかりとした業績を残された方なのかな

 とお見受けします。

 

で、今回のこのニュースで思ったことが2つ。

 

1つは

「なぜそんなしっかりとした業績を残した人なのに

 前回は起用せず、稲田さんを防衛相にしたのだろう」

ということです。

 

ふつう、

一般的な会社であれば、

しっかりと成功して実績を残されている方って

そのままそのポストにつけておくと思うんですよね。

 

なぜなら、それが確実だから。

 

それなのに、

その小野寺元防衛省防衛大臣から外してでも

稲田さんを防衛大臣にしたかった理由は何なのか?

と疑問に思います。

 

ただの人気とりがしたかっただけなのか?

それとも本当にお友達人事だったのか?

党内の派閥のバランスを鑑みたのか?

 

まぁ、上記3つのどれであったとしても国民からしたら

そんなの知らんがな、失敗しないやつをおいてくれ

と思うところですよね。

 

それをしなかったこと自体はすごい腑に落ちないです。

 

あともう1つ、

これ、毎回内閣の閣僚人事発表のときに思うんですが

なぜ、正式発表前にこれだけ

ポロポロと情報がでてくるんでしょうね。

 

これも普通の会社で考えたら

あり得ない話ですよね。

 

人事なんてその会社の核となるもので

その人事情報が辞令前に出てしまう

そんなことになったら、始末書ものだと思います。

 

なぜ、そんな始末書ものの事態が政治の世界になると

それが当たり前になるのか。

 

いや、わからないですよ。

もしかしたら、

公式に政府がすでに発表しているのかもしれませんよ。

 

でも正式発表が8月3日なわけですから

それまでは

いったん発表しないでおくとかできないんでしょうか?

 

もしくは、そういう状況で

すでに発表できるのであれば

正式発表を8月2日にできないのでしょうか?

 

なんか隠すんやったらしっかり隠す

隠さないんだったら正式に早くしっかり出す

これを徹底してほしいんですよね。

 

 

なんか事前に人事情報がリークされるのに

凄い違和感を感じてしまいます。

 

 

以上、今回は

小野寺元防衛省

防衛大臣に再任することを受けて

そこから感じた内閣への不信感を語ってしまいました。

 

 

それではまた今度