ミニスーパーファミコン、アメリカで発売決定! 肝心のソフトは?タイトルは現状、以下の21本!

ミニスーパーファミコン

アメリカで3ヶ月後(9月27日)に発売されることが

判明しました。

 米任天堂は、海外版の小型スーパーファミコンSuper NES Classic Edition」を9月29日に発売すると発表した。価格は79.99ドル(約9000円)。
海外版の小型ファミコンNES Classic Edition」に続いてリリースされるSNES Classicには、未発売の「スターフォックス2」を含む21本のタイトルが収録されている。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 <公式サイト>

www.nintendo.com

 

 発売されるタイトルは

 

 の21種類。

 

 個人的には

 のタイトルが懐かしくて、やってみたいところです。

 

 ミニスーパーファミコン
 日本での発売日は「現在、未定」とのことですが
 早く、発売して欲しいところですね。

 

 

 ってか、
 このころのゲームが一番良かった気がするのは何でだろう。

 

 確実に今の方がCG技術は上がってるだろうし
 音響などの部分や画素数などもよくなってるはずなのにな。

 

 で、その理由を考えてみたところ

 個人的に2つの理由が出てきました。

 まぁ個人的感想・考察なので異論はあると思いますが

 気にせず自分の意見を書いていきます。

 

<理由1>

 面白かったころは「ゲーム慣れ」していなかった

 

 これが1番大きいのかなと思います。

 今なら、周りにスマホやTVゲームやPSポータブルなど

 「気軽に」遊べるゲームがいっぱいあるけど、

 昔、スーファミゲームボーイが出だした頃なんて

 そんな気軽なゲームがなかった。

 

 そのころの遊びなんて

 外で遊ぶか、

 せいぜい人生ゲームのようなボードゲームだった訳です。

 

 だから、そこからのTVゲームやゲームボーイ

「落差」という意味で大きかった訳です。

 

 でも、今のPS4wiiNIntendo Switchなどは

 スマートフォンが普及している今じゃ

 子供にそれほどの「落差」を与えられない

 これが「昔のゲームは良かった」1つの理由じゃないかなと思います。

 

あともう1つの理由として思うのは

「最近のゲームは複雑すぎる」と思うんです。

 

昔って

そもそもゲームの性能としてできることが限られてたから

ほんと単純な動きになってたと思うんですよね。

 

でも、今はいろんなことが性能上実現できて

しかも

昔の「性能が限られてたころ」に

簡単なゲームのあらかたの手法がやり尽くされてるから

ゲーム自体を「凝った」仕様にするしかなくなって

一見、それが複雑でとっつきにくくなってしまう。

 

まぁ、さっき言ったように

周りにゲームが溢れてて、無料でも遊べるゲームがいっぱいあるんで

お金を払うものが無料のゲームより単純なものにはできない

というところもあるんでしょうけどね。

 

 

長くなったのでまとめると

僕が

「昔のゲームの方が良かった」

と思う理由は

 ・昔の方が日常との落差があった

 ・昔の方がゲームが単純だった

の2点ですね。

 

何はともあれ、今は昔の方が良かったと思ってしまうので

何か、

今のゲームの方が断然いいよね

と思えるような圧倒的なゲームが出てきて欲しいですね。

 

Nintendo Switchとかは

案外その可能性があるんじゃないかなと

期待しているんですけどね。

 

 

以上、

ミニスーパーファミコンがアメリカで発売決定したというニュースでした。