電気自動車が普及してもガソリン車が廃止されない理由

昨日のYahooニュースです。

 

news.yahoo.co.jp

 

この記事を見て思うのですが

「ガソリン車が廃止になることは

 まず無いから、そういう想定はしなくていいよ」

ということです。

 

 

もちろん

昨今のエコブームであったり

中国やヨーロッパの

電気自動車促進の動きもあり

電気自動車の普及がどんどん進んでいることは事実です。

 

なので、

これからシェアはどんどん増えていくでしょう。

 

 

でも、じゃあ

電気自動車のシェアが

ガソリン車を抜いて

ほぼほぼが電気自動車になる時代が来るかというと

それに関しては懐疑的です。

 

 

まぁ、この理由についてよく言われるのは

充電の問題でしょうけど

それについては僕はあまり危惧していません。

 

 

というのも

インフラ環境に関しては

国が「エイヤ〜」って動けば

一気に普及するものですから問題ありませんし

現在問題になっている充電時間の長さに関しても

最近のバッテリーの向上で

10分で80%まで充電できる車も出てきています。

 

今後、

バッテリーが進めば

もっと充電時間は短くなるでしょう。

 

こんなニュースもありますし。

gogotsu.com

 

なので、そこに関しては問題ないんですが

僕が注目しているのが

ガソリンです。

 

 

ガソリン自体の高騰もあって

今、電気自動車に目が向けられいるんですが

電気自動車が普及していき

ガソリンの需要が減っていくと

それに伴い、ガソリン価格が下がります。

 

そうなると

ある時点でユーザーとして

「あれ、高い電気自動車買うより

 ガソリン車の方が得じゃね?」

という考えになり、ガソリン車の人気がさらに出てくる

ということが考えられます。

 

というのも

いくら普及して量が多くなったからといって

電気自動車の価格はそんなに簡単には下がらないと

見ています。

 

むしろ自動運転などの

ハイテクな付加機能がたくさんつくことで

金額が上がっていくのではないか、

そう思うんです。

 

 

じゃあ、そう思った時に

考えるのが

やはり値段が高くなることで

安いガソリン車の方に目がいくということ。

 

 

あと、

そもそもガソリンって

軽油を処理する時に勝手に出て来るものなので

車でガソリンを使おうが使わまいが

そもそも存在するものなんですよね。

 

ということを考えた時に

もしガソリンが余って来ると

逆にガソリンの処分方法が環境問題となるので

政府としても

ガソリンに対して補助金を出すということも考えられます。

 

 

なので、

逆にガソリン車の方に景気が向く

そんな時代もあるのではないのかなとそう思います。

 

だから

僕の予想では

電気自動車は

せいぜい全体の50〜60%くらいで止まるんじゃないかなと

そう思ってます。

 

なので

ガソリン車がなくなることは永遠にない!

そう思います。

 

 

昨日のYahooニュースです。

 

headlines.yahoo.co.jp

この記事を読んだ時に思ったのが

確かにそうだなとそんな気持ちになりました。

 

というのも

どうしても焼肉って1人で入りづらいじゃないですか

でも

1人で肉をがっつり食べたい時もある

 

で、

1人で肉をがっつり食べたい時に

スーパーで肉を買って

家で焼けばいいんでしょうけど、

肉系の脂って、

フライパンの掃除をするのが結構面倒なんですよね。

 

もっというと

お肉食べて満腹で幸せの時に

食器洗いという現実に引き戻されたくないというか

 

 

なので

こういう感じで

1人焼肉が各地で浸透してくれると

ありがたいと思う人はいっぱいいるんだろうな

そう思います。

 

 

で、

最近というか

ここ数年、おひとりさまをターゲットにした

そんなサービスが増えていますよね。

 

 

例えば、

一人カラオケとかもそうですし。

 

なので

そのうち

ひとり遊園地とか

そんなものまで出てくるんじゃないのかなと

そう思います。

 

で、

このおひとりさまをターゲットにするのは

仕方がないというか

マーケティング的には得策だと思うんですよね。

 

だって、

・近年の未婚化の上昇

・おひとりさまの方が金がある

・おひとりさまの場合、喋る相手もいないので回転率がいい

と店側にはいいことづくめですから。

 

まぁ

デメリットとしてあげられるのは

1グループあたりの売り上げの低下でしょう

 

例えば同じ

1つのテーブルを使うのであれば

そのテーブルで

できるだけ多くの売り上げを生み出したい

というのが店側の心情としてありますから。

 

 

でも、

1人専用の机ばっかりを置くことで

その辺りの悩みは無くなるのでしょうから

そういう意味で

ほぼ無敵なのがおひとりさまビジネスだと思います。

 

 

ただ、

これがどんどん増えていって

おひとりさまのお店ばかりになると

それはそれで寂しい気持ちになるなと思うと

その場合の

おひとりさまのシェアを獲得するための

マーケティングの争いが大変だろうなと

そう思います。

 

ほら、

おひとりさまの店って

手軽や安いとかの売りが多いので

USPがどこも似通っている部分がありますから、

その状態でどこにエッジを立たせるかがポイントかなと。

 

そういう意味で

あと5年後くらいのおひとりさまビジネスの

展望に期待です。

 

 

日本ではワークライフバランスが難しい理由

昨日のYahoo ニュースです。

 

news.yahoo.co.jp

 

この記事を見たときに思ったのは

「日本でワークライフバランスは難しいのかな」と

そう思いました。

 

 

というのは

欧州であったり、アメリカであったりは

昔から

個人主義・成果主義が根付いているじゃないですか。

 

だから、

自分の決められた仕事を

きちっとすれば

それでその日の業務は終了だから

仕事の時間を自分で融通できると思うんです。

 

 

でも、日本って

昔から

和を尊ぶ

そんな文化で成果主義ではないじゃないですか。

 

だから、

どちらかというと

チームプレイで仕事全体を終わらせよう!

みたいな考え方なんですよね。

 

だから、

例えば

5人で100、1人あたり20の仕事量があるとして

Aさんが自分の持分の20が終わったとしますよね。

(ちなみに今回の場合

 ややこしくなるので5人全員に能力差・責任差がなく

 均等に同じ量の仕事を終わらすとします。)

 

でも、

例えばBさんが

その時点で20のうち15しか終わってなかったら

日本のチームプレイ文化の場合

残り5の仕事量の一部をAさんがやってあげると

そういう状況、

まぁよく言えば助け合いの文化があるわけです。

 

 

ですので

そういうことが起こるときに

日本での「労働」という指標は

仕事量ではなくて

作業時間になるんですよね。

 

例えば

上記の例でいうと

8時間で23の仕事をしたAさんと

8時間で17の仕事をしたBさんは

同じ評価になるんです。

 

だってチームプレイですから。

 

もっというと、

もしAさんが自分の分の

20の仕事を終わったからといって

先に帰ると

「チームプレイができていない」という理由で

Aさんの評価が下がってしまう可能性もあるわけです。

 

 

このように日本では

作業量よりも作業時間が評価される

そんな社会風土が今、根付いているので

その状態でワークライフバランスを導入すると

結局

効率の悪い社員は

作業時間とともに作業量も減ってしまう

そんな状況が起きてしまうわけです。

 

 

で、

海外の場合、

そういうことが起こると

減給やクビなどの対処を行い

職場の健全化ができるんですが

雇用が強く守られている日本ではそんなこともできない。

 

だから、

ある意味、仕事をしていない方が得をする

そんな世の中になってしまっているんです。

 

 

だから個人的には

ワークライフバランスをしっかりと作動させるには

雇用の安定を排除すべきだとそう思います。

 

じゃないと

できない社員が得をしますから。

 

 

いやはや、なかなか難しい問題だと思います。

 

平愛梨、日本で「乳児との入店拒否」経験し戸惑う

今日のYahooニュースです。

headlines.yahoo.co.jp

この記事によると

平愛梨が日本と外国で乳児の取り扱いが違うので戸惑う

ということです。

 

平愛梨によると

トルコは時間に関係なく、

基本子どもはどこの場所へ連れて行くことも許される。

ジムやカフェ、デパート、飲食店など。

 

行けば居合わせた人や店員さんまでもが近寄ってくれて

子どもを抱き上げてくれたりあやしてくれます! 

親になった私は、何よりもたまらなくうれしいことです。

でも日本では子どもが行ける場所は限られてしまい、

ジムや少しの時間のカフェもご遠慮ということでした… 

 

きっと、『おもてなしの心からなんだ!』と、私なりの勝手な解釈!

日本は気遣いのたけてる国 

飲食店でのダメな理由は疲れて来られた

お客様に子どもの泣き声などで

ご迷惑かけてしまうという恐れがあるから? 

ジムでダメなのも目的を持ってやられてる人達にご迷惑かけるから? 

と、いろいろ考えました

 という風に

日本は乳児の入れる店について

慣例的に制限があるということを書いています。

 

ただ、

これ、

僕、店の立場もよくわかるんですよね。

 

まず、 僕、

1歳の娘がいる1児の父親なんですが

平愛梨が言っていることもわからなくはないんです。

 

というのも

例えば奥さんがちょっと外出して

子供と2人きりでいるときに

保育所とか

赤ちゃんスペースみたいな遊ぶスペース以外

行くところがないんですよね。

 

もちろん

カフェとかに行けば良いんでしょうけど

それはそれで周りに迷惑かけそうで

こっちが気疲れするし

結局、おもちゃスペースにいるということになるんですよね。

 

だから、

社会的に

もっと赤ちゃんが遊べる場所が増えたら良いのにな

とそういう気持ちはあります。

 

でも、その一方で

さっき言ったように

僕はどちらかというと、お店側の立場です。

 

別に僕、

飲食店児やジムなどで働いたことがないんで

お店の立場からというのは

なかなか喋れないんですが

個人的に思うのが

「それぞれがそれぞれに自由があるよね」

ということです。

 

というのが

うちの娘の泣き声を知ってるから言えるんですが

やっぱり

静かな場所で泣くと

どうしても目立つし、

他の人の邪魔になると思います。

 

もちろん、

それが致し方ない場所なら

それは許してほしいし、

寛容であってほしいですよ。

 

例えば、

新幹線で子供を移動するときに

子供が泣いてしまったときとかって

どうしようもないじゃないですか。

 

だから、

それはどうしようもないので

許してほしいと思うんです。

 

でも

例えばカフェって

平愛梨が楽しむ権利があるように

他のお客さんも楽しむ権利があると思うんです。

 

で、そのお客さんの中には

子供が好きなお客さんもいれば

子供が苦手なお客さんもいると思います。

 

じゃあ、

その中で

自分が子供を連れていって

泣いたときに

他のお客さんの楽しむ権利を奪うことになるんじゃなかろうかと

そう思うんですよね

 

さっき言ったように

他のお客さんも平愛梨と同様に

カフェで楽しむ権利があるのに

その権利を

子供づれってだけで奪って良いのだろうかと

そう思います。

 

 

だから、

そういう意味では

わざわざ子供を連れて行く必要がない場所にまで

子供を連れて行くことは如何なものかという

カフェの気持ちもわかります。

 

もちろん、

子供を連れ回さないと

どこも行けないという現状は理解するものの。

 

あと、

ジムも同様です。

 

ジムで筋トレする時って

1つ1つの筋肉を入れるときに

集中するじゃないですか。

 

そんなときに

赤ちゃんの泣き声が聞こえると

集中できない。

 

で、

もっというと

ジムって筋トレをする大人のスペースですよね。

 

例えば

カフェで子供がいるのはわかる

でも

ジムって

筋トレをするのは大人なわけで

そういう利用しない赤ちゃんがいるのは

どうかと思いますよ。

 

もちろん

そのジム自体に託児所がないこと自体が問題

といえばそうなのかもしれませんが、

とはいえ、

全てのジムに託児所を作れるわけはない

というのは理解できますから。

 

 

そういう意味で

赤ちゃんが入れるスペースに制限があるのは

致し方ないことなのかなと

個人的に思います。

 

 

というか、

世の中のお母さんでたまにある

「子連れならなんでも許されるでしょ」的な空気が

僕は嫌いです。

 

 

いやいや、

平等にしろやとそう思いますしね。

 

もちろん、

子供には寛容な社会であるべきだとは思いますが

だからと言って

今いる大人をないがしろにして良いというものでもないでしょう。

 

 

以上、

ニュースを見てなんか

違和感を感じたので記事にしました。

「下着の色、透けないから白」は間違っている 下着屋の検証ツイートに反響

とある下着屋のツイートが話題になっています。

 

それがこれ。

 

これ、

非常に面白い記事だなとそう思いました。

 

というのが

学校だけじゃなく

今の日本って

昔からの決まりっていうだけで

よくわからんルールとかあるじゃないですか。

 

そういうルールってなくなれば良いけど

なくす理由がないからなくならない

「今までがそうだったから」という理由でなくならない

という

変な状況になってるんですよね。

 

 

その一方でこのように

科学的根拠を添えて

今のしきたりに反論するツイート

見事だなとそう思います。

 

なんか今までは

白だから、白が一番目立たないでしょ

なんて

そんな決めつけ・先入観で動いていたのが

でもそれって嘘だよね

とそんな一石を投じれるというのは凄いなとそう思います。

 

そういう意味で

これ以外の変なしきたり、ルールなんかも

どんどんなくなったら良いのになと

そうも思います。

 

ただ、

今回のニュースで疑問に思ったのが

この結果、

本当に全ての制服でそうなるのかなということ。

 

というのが

たまに

電車とかで女子高生の後ろ姿が見えるとき

赤いブラとかが透けてることって

よくあるんですよね。

 

 

でも、

白いブラが透けてるって

あんまりイメージないんですよ。

 

もちろん、形が見えるというのはあったとしても。

 

 

だから、

本当に

全ての制服で

赤が透けにくて白が透けやすい

というそんな状況が起こるんだろうかと

そう疑問に思いますね。

 

これはこれで

他にこの事実を検証する人があっても良いのではないかなと

そう思いました。

 

1つの事実だけでなく

多角的に真実を見つめたいものですね。

神戸で始まる“面談型赤ちゃんポスト”とは

今日のYahooニュースです。

headlines.yahoo.co.jp

記事によると
神戸の助産院で

母親や妊婦のための24時間対応の相談施設というのを

全国で初めて開設するそうです。

 

その背景に

妊娠してもその子を彼氏に認知されず、

シングルマザーとして育てることになったお母さんが

結局、

その責任感に耐えられず

自分の子供を虐待してしまうという

そんな事件が相次いでいるからとのこと。

 

 

このニュースを見たときに

やるせないな、そんな気持ちになりました。

 

というのも

女性の気持ちが痛いほどわかるんです。

 

だって、

せっかくの命を授かったのだから

それを産みたい、

そしてその子を育てたいという気持ち

 

でも、

人間ってそんなに強い生き物じゃないから

ずっと

そんな最初の頃の気持ちを持ち続けるのは難しい

 

その中の葛藤として

自分の子供を虐待してしまう

ということがあっても

理解をしてしまう。

 

もちろん

子供は何の罪もない被害者で

そんなことがあってはならないということは

百も承知なんですよ。

 

でも、

僕も子供がいるんです。

 

1歳のスメですごく可愛いです。

 

でも、

この可愛さ、

もし、

1人で育てることになってたら

それをずっと維持することができてただろうか

というと

それをはっきりとYESと言える自信はないです。

 

 

だって、

愛情って

精神的な余裕がないと

なかなか発揮できないものですから。

 

無償の愛があるとはいえ

それを

年がら年中

周りのサポートもなく発揮しろというのが無茶ですからね。

 

そういう意味で

そうなってしまった母親の気持ちも理解できるんです。

 

でも、

繰り返しいなりますが

子供には全く罪はない。

 

だから、

子供にそういうことがあってはならない

それも真実です。

 

そう考えたときに

そういう

お母さんが逃げる場所が存在するのは

すごい素晴らしいことだなとそう思うんですよね。

 

でも

その一方で

なぜ、そういう取り組みを国ができないんだろうか

とそうも思うわけです。

 

 

もちろん、

児童相談所であったり

保育所であったり、

シングルマザー補助金であったりと

「仕組み」としての支援があるのは

十分に理解していますし、

それは必要で役立っていると思います。

 

でも

仕組みだけでなく、

精神的に

お母さんを助けて上げる

そんな場所があってもいいのではないのかな

とそうも思うんですよね。

 

書きながらなんで

思いついたことを書きますけど

例えば

そういうお母さんが集まって

ルームシェアというかホームシェアみたいな取り組みができないか

そこに

地域のおじいちゃんやおばあちゃんが参加して

地域ぐるみで子供を育てる

というのができたらすごい良いんだろうなと

そう思います。

 

核社会だからこそ

地域のつながりが薄くなった今だからこそ

逆に

地域の力で

子育てができるそんな環境である日本であってほしいなと

思う今日この頃です。

PPCアフィリを学ぶのにオススメなコンテンツはこちら

アフィリエイトで成果が早いと言われるのが
PPCアフィリエイト。

広告費をかけて集客するわけですから
無料で集客するSEOやサイトアフィリに比べて
当然、
成果が出るのが早いわけです。


とはいえ、
PPCアフィリエイトをやっていく上で
初心者が一番心配なのが
「もし広告費をかけて、
 成果が出なかったらどうしよう・・・」
ということですよね。


初心者が
基本も知らずに
PPCアフィリエイトに取り組んで
それで
もし1件も成果が出なかったら
目も当てられないですよね。


そんなご心配をお持ちの方に
オススメな”無料教材”があります。

それが

【PPC・YDNアフィリエイト大百科】コンテンツ量75個超え!今す使える超実践的濃厚ノウハウを大暴露!!最短で月30万円、50万円、100万円と稼げるPPC・YDNのバイブル@関連キーワード、比較サイト、YDN含む

というコンテンツ。


名前も長いですが
実際のコンテンツはすごく多いです 笑

なにせコンテンツ量75個超えですから。


このコンテンツでは
PPCの始め方を0から丁寧に解説してくれているため、
それに沿って進めれば
基本的なPPCアフィリエイトを
すぐに始められるようになっています。

しかも、
レポートのほとんどは文章ではなく動画での解説なので
初心者でもすごくわかりやすい内容になっています。


さらに、このコンテンツは、
それだけではありません!

上記の初心者コンテンツだけでなく
PPCを進めていく上での
具体的なノウハウや考え方を紹介してくれています。


初心者コンテンツだけでなく
様々な具体的なノウハウまで載ってるなんて
まさに至れりつくせりの内容にですね。


PPCアフィリをまな部上で
これ以上の無料コンテンツはなかなか見当たらなと思いますので
PPCアフィリを学びたければ
ぜひこのコンテンツをご覧になることをオススメいたします。


PPCアフィリで稼いで
自由な生活を送っちゃいましょう!